出版印刷

おもに出版社様、新聞社様などが発刊する書籍、雑誌、教科書などを、正確で美しい印刷物としてご提供しています。

ホーム > 出版印刷 > 絵本印刷

絵本印刷

子どもたちが初めて出会う本 ―「えほん」

「えほん」─それは、子どもたちが初めて出会う本です。幼い頃、大好きだった絵本のことを覚えてはいませんか?その本を読んだときの情景や、その絵本から受けた不思議な感覚…。そんなふうに、幼い頃に出会った絵本のイメージは、大きくなっても心の中にしっかりと残るものです。
絵本は、文と絵が互いに響き合いながら、幼い心に深い感動を与えます。そしてそれは、作家の力だけではなく、高い印刷・造本技術によって支えられています。作家の思いのこもった色やタッチを見事に再現する技術、これらなくしては優れた絵本を生み出すことはできません。
精興社は50年近くに亘って絵本の印刷・製本を手がけてまいりました。野ネズミのキャラクターがほのぼのとした物語を展開するあの絵本、初めておつかいに出かける幼い子どもの心の動きを見事にとらえたあの絵本…どれも幼い頃、手に取った記憶はないでしょうか?これら100回以上の版を重ねたベストセラーは精興社の手によるものです。
福音館書店様「ぐりとぐら」
福音館書店様「ぐりとぐら」
福音館書店様「はじめてのおつかい」
福音館書店様「はじめてのおつかい」

多くの子どもたちに「温もり」を伝える技術を目指して

精興社では、子どもたちが初めて出会う本だからこそ、作者のタッチや色彩、絵肌など原画の印刷再現性を第一と考え、そこに込められた作者の息づかいや心の温もりまでも伝えるべく、その品質向上を図ってまいりました。質感再現性に優れたFMスクリーンを我が国でも最も早い時期に導入し、UV印刷に組み合わせるなど、印刷精度のさらなる向上を目指しております。また、色彩の再現性を最重視し、作家の制作した原画を直接デジタル化するために、最新のドイツ製オーバーヘッド型「クルーズスキャナー」を導入し、原画の直接スキャニングを実施するなど、絵本の印刷・製本について、高い評価をいただいております。
絵本の原画スキャンに利用されるクルーズスキャナー
絵本の原画スキャンに利用される
クルーズスキャナー
書店や図書館にお出かけの際は、どうぞ手に取って奥付をご覧ください。そこにはきっと「精興社」の文字を見つけることができると思います。精興社はエンドユーザ様─すなわち子どもたち─に絵本作家たちの心の温もりをそのまま伝えるべく、更なる品質の向上を目指して参ります。